堀資材の強み

堀資材は日本のモノづくりの企業様に、「商品・情報・サービス」を提供する専門商社です。
このページでは、堀資材の仕事を知るうえでのお客様から「選ばれる」ポイントをご紹介します。

1.堀資材が選ばれる理由:「スムーズでスピーディーな課題解決力」

堀資材は、お客様のバリューチェーンにおけるモノづくりの根幹となる『開発・設計』『購買・調達』『生産技術・製造』の部門に働きかけ営業活動を行います。
私たちは、単なる商材の卸売りではなく、「ヒアリング力を生かし、お客様のニーズをくみ取り、深掘りし、お客様の立場に立って真剣に考え、真の課題解決」業です。

真の課題解決のためには、情報を収集し、分析し、仮説を立て、商品の提供だけでなくデリバリー(物流)までのきめ細やかなサポート体制を提案していきますが、その課題解決案の提案活動のスムーズ[手戻りの少なさ]で、スピーディ[解決案実行までの迅速さ]な対応が強みなのです。ライバルの大手企業よりも先にお問い合わせをいただけるのはその結果と言えます。

製造業のバリューチェーン
製造業のバリューチェーン

2.堀資材が選ばれる理由:「サプライヤーとの強固なリレーションからから生まれる企画提案力」

堀資材は、企画開発型のファブレスカンパニー※1です。ファブレスだからこそ、お客様の多種多様な要望に、サプライヤーの強みを活かして柔軟に対応することができます。
堀資材は、幅広い分野のサプライヤーと取引があり、さらに強固な信頼関係を築いているという強みがあります。だからこそ、サプライヤーとタッグを組んで、お客様の要望、課題に果敢に挑むことができます。
お客様の期待やニーズに、サプライヤーが持つ豊富な製品や用途の知識をフル活用し、最適な解決策を立案します。既製品が無ければ、新製品として開発をしてもらうように依頼することもあります。
まさに、とことん顧客の要望を実現する、課題を解決するための堀資材の企画提案力の源泉といえます。

※1:ファブレスカンパニーとは、自社で生産設備を持たず、外部の協力企業に生産委託している企業です。

仕事のキーポイント:サプライヤーとの協働
堀資材の営業活動の流れ
堀資材の営業活動の流れ

3.堀資材が選ばれる理由:「営業スタッフとCSスタッフのコンビネーション」

お客様へのスムーズでスピーディな対応を実現させている のは、堀資材の営業スタッフとCSスタッフ※2のコンビネーションプレーです。CSスタッフは、外出が多い営業スタッフに代わってお客様の要望をヒアリングしたり、サプライヤーへの問合せや見積依頼を行います。
案件によっては、ヒアリングから見積提出までを行い、営業スタッフへは事後報告という場合もあります。
この最強のコンビネーションプレーが生まれるのは、日頃から目標を共有し、役割を理解し補い合うこと、率直な意見交換ができているからこそで、お客様の信頼もその結果といえます。

※2:CSスタッフとはカスタマーサービススタッフのことです。

マーケット

堀資材は主に5つのマーケットで活動しています。
それぞれのマーケットで、どのようなお客様に、どのような商品を提供しているのかをご紹介します。

住宅設備マーケット

住宅設備マーケット
[主要顧客]
LIXIL(旧INAXやTOSTEM)やPanasonic。
[提案内容]
これらの顧客は住宅設備機器(キッチンユニット・バスユニット・洗面ユニット)を製造しています。開発部門の方々にお会いして、次期モデルに採用する部品の仕様について情報交換します。いただいた情報を元にスピーディーに提案します。多くの製品が採用されていますが、一例としては、人工大理石を加工するための研磨材や部品の間に装着するパッキン部材です。2010年には、LIXIL様から、協力会社の中で大きな貢献度を認めていただき、優秀賞をいただきました。

自動車マーケット

自動車マーケット
[主要顧客]
TOYOTAやHONDAや日産やSUZUKIに内装部品や外装部品を供給している企業。
[提案内容]
部品を固定するためにスリーエムジャパン社の『アクリルフォームテープ』が使われています。堀資材では『アクリルフォームテープ』を原料として供給したり、協力工場で指定の形状に加工して供給したりしています。ハイブリットなどのエコカーは車体軽量化のため、超軽量な防音材としてスリーエムジャパン社の『シンサレート』の採用が増えています。堀資材では多くの『シンサレート』の供給でお手伝いさせていただいています。

航空機マーケット

航空機マーケット
[主要顧客]
三菱重工をはじめとするボーイング787や国産ジェット機MRJの製造に関わる企業。
[提案内容]
B787は多くの日本企業が製造協力しており、その代表企業が三菱重工です。家電や自動車の生産が海外流出する中で、日本国内で生産が増加するという、数少ない大きなビジネスです。堀資材はスリーエムジャパン社の製品をこれらの製造工程に供給するビジネスを展開しています。

電子部品マーケット

電子部品マーケット
[主要顧客]
SONYやPanasonicや任天堂などの大手メーカーの部品を作っている企業。
[提案内容]
これらの顧客は、先に挙げた上場企業の成長とともに堅実な成長を続けている企業です。その中のある顧客は、電子部品が発する熱を拡散させる材料を製造していて、その分野では世界的に有名なニッチトップです。堀資材は製品を製造する際に使用する離型フィルムを納入しています。開発部門からは、フィルムや粘着テープや打ち抜き加工の相談が多く来ます。また、計測機器を製造している業界トップ企業には、スリーエムジャパン社の商品を販売しています。

段ボール生産設備マーケット

段ボール生産設備マーケット
[主要顧客]
大手上場企業を含む段ボール製造メーカーや、三菱重工印刷紙工機械・ISOWAといった段ボール製造の機械メーカー。
[提案内容]
段ボールを形状にカットする刃のまな板となる『ウレタンアンビル』や、段ボールのフルート(波状の構造)をつぶさずシートを送り出す『ノンクラッシュロール』、潤滑性・耐熱性に優れた『フッ素グリス』といった段ボールを製造する機械の部品を供給しています。特に主力製品のひとつ、『ウレタンアンビル』は日本国内需要の約60%を占め、トップシェアとなっています(当社調べ)。当社は2003年、スペイン・ロディカット社よりパートナーとして選ばれ、『ウレタンアンビルシステム』の日本国内販売総代理店となりました。今後は段ボールの構成原料に力を入れていく予定です。

1日の流れ

営業スタッフの1日の流れ

堀資材の営業スタッフ(ソリューション営業職)はどんな仕事をしているの?
そんな疑問にお答えするために、堀資材の営業スタッフの代表的なある1日を紹介します。

【就業時間】9:00~18:00(昼休み1時間)

9:00
社用車で、自宅からお客様X社に直行。(*1)
X社は、大手住宅設備機器の会社。
今日は、開発部門の担当者と製造部門の担当者からいただいた2件の相談案件でアポイント。
「要望や問題の聞き洩らしがないように、ヒアリングが大事、製造部門は現場を見せてもらおう」
9:30
【1つ目の商談: X社開発部門の担当者】
新しい商品に使用する部品の相談依頼を受ける。
<商談内容>
“部品の材料、軽量化、複雑な形状への加工など”お客様の要望を持ち帰って解決案の検討が必要な案件。
図面を見ながら詳細をヒヤリングし、次回の商談日程を約束して終了。
「解決案は、4~5社のめぼしいサプライヤー様にヒアリングだな」
10:30
【2つ目の商談: X社製造部門の担当者】
現場で使用の組み立て器具の相談。
<商談内容>
現在の組み立て器具では使用勝手が悪く、製品ロスが増えていることが問題。
器具メーカーとの調整も含めて、まず現状の問題を整理して改善の方向性を示すこと必要な案件。
回答期限を約束して商談終了。
「製造ラインの作業を見たけど、改善策どうすればいいのか?」
11:30
商談中に入ったクライアントからの電話への折り返し連絡。
急な納期調整で担当者が困り「何とかできないか」と相談依頼。
すぐにCSスタッフへ連絡し、内容を伝えてミスのない納品対応をお願いする。
「サプライヤーさん対応が抜群のCSスタッフに感謝」
11:45
昼食。
午前中の商談内容を振り返る。
「新商品の部品は、サプライヤーY社さん。製造ラインの問題はやはり詳しい先輩に相談するのがベストだ」
13:00
【3つ目の商談: サプライヤーA社】
X社に納入している部材の品質向上の相談案件。
<案件内容>
先日、商品でサイズ不良があり、X社から苦情が出ている状況。
A社品質管理の担当者からサイズ不良の原因について説明を受け、改善策を検討し実施。
今日のゴールは、X社の要望をしっかり理解してもらい、前向きに改善策に合意してもらうこと。
「責任者の前向きなお言葉がいただけた。概ね上手くいったけど、残った課題は堀資材としてもよく検討しないと。戻って課長に相談だな」
14:15
移動中。
昼食中にメールで依頼した見積の不明点で、CSスタッフから電話連絡。
※コンビニで停車し電話
「さすが。サプライヤーのことを知っているCSスタッフ。伝え漏れた点、すぐに気づいてくれるのは助かるなぁ」
14:30
【4つ目の商談: 加工業者B社】
B社は、クライアントに納品する材料を希望のサイズや形状に加工してくれる会社。
あるクライアントの新商品試作の打合せのため、材料サンプルを持っての訪問。
<案件内容>
図面を見ながら加工の詳細を確認し、クライアントに見積もりを提出するためのコストの打合せ。
定期的な発注で、使用量もある案件なのでこのコスト調整が大事。
「このコストであればいい感触。B社部長『こちらも頑張ります』って言葉、本当にありがたい」
15:45
帰社。
メールの確認、案件表の確認。
CSスタッフから今日1日の報告を受け、情報を共有。
来週の訪問スケジュールを立て、電話でアポ取り。
<今日の宿題対応>
①X社の新商品の相談案件:要望に応えられそうなサプライヤー4社に内容と図面を送り、選定検討の準備をする
②X社の製造ラインの器具、作業改善策:先輩に別途相談時間をもらう
③サプライヤーA社のサイズ不良の改善策:課長に報告、アドバイスをもらう
「社内、サプライヤーともにスピーディな依頼対応が余裕を生むコツ」
16:30
【CSスタッフからの相談】
堀資材経由で納品予定の商品に不具合の可能性があるので見て欲しいとの依頼。
CSスタッフとその場で確認方法について打合せ、問題ないことを共有。
「クライアントに納品する商品だからこそ、疑問やちょっとしたことでもチェックは大事だ」
17:00
【営業会議】
チームごとに売上/利益の現状分析を行って、今後の営業戦略議論。
「自身の担当するマーケットをどうするか、日々の営業活動で得る情報が欠かせない」
19:00
【社内業務】
本日の受注明細から売上金額・商品を確認。
明日のアポイントの準備(資料と見積書)。
19:30
退社(*2)

(*1) 社用車は、希望者には自宅への持ち帰りを許可しています。
(*2) 営業マンは20時以降の残業が原則禁止なので、18~20時に退社することが多いです。

※月に1~2回、1~2泊の出張があります。

営業スタッフの入社後の流れ

入社~1ヶ月 営業スタッフ、CSスタッフ、オペレーションスタッフの役割や仕事内容を理解するための業務体験
(例:CSスタッフの業務:受発注作業・見積作成 他)
1週間~10日ごとに進捗ミーティングを行い、不明や疑問点を解消していきます
1ヶ月~ 先輩営業スタッフに同行し、先輩のサポートをしながら、仕事のカン・コツを覚えていきます
6ヶ月~ 配属部署が決定し、担当クライアントを持ちます

カスタマーサービススタッフの1日の流れ

堀資材のCSスタッフの1日の流れをご紹介します。

【就業時間】9:00~18:00(昼休み12:00~13:00)

午前
  • 受発注業務
  • 納期調整
  • 顧客からの問合せ対応
  • 仕入先への問合せ、交渉

(電話・メール・FAX)

午後

▼午後の早い時間(13時~15時頃)は、電話の件数が減る時間帯

  • 見積書の作成
  • じっくり考える仕事(実績表の作成など)
  • 出荷準備

▼16時以降は電話の件数が多くなる

  • 納期調整
  • 顧客からの問合せ対応
  • 仕入先への問合せ交渉

(電話・メール・FAX)

▼夕方に営業スタッフが会社に戻って来た後、情報共有し(報告・連絡・相談)し、翌日の業務につなげていきます。

  • 営業スタッフと打合せ
  • 新たに発生した事案の報告
  • 引き続き案件の進捗
  • 困りごとの相談
  • チームミーティング

など。

※外出中の営業とは、携帯電話やメールで情報交換をします。

【CSグループの業務改善会議】
月1回

事務パートスタッフの1日の流れ

堀資材の事務パート職の代表的なある1日を紹介します。

【就業時間】事務パートスタッフは、各々勤務時間・仕事内容が異なるため、あくまで一例となります。

午前
  • 清掃(玄関・廊下・会議室など)
  • 電話の取次ぎ
  • 荷受け作業
  • 出荷準備(送り状の作成等)
  • 伝票チェック
  • 郵便仕分け
午後
  • 出荷作業(簡単な梱包作業等)
  • 事務用品の管理・発注
  • 消耗品の管理・発注
  • 在庫商品の管理・発注
  • 来客対応
  • 書類ファイリング
  • 請求書の発送

事務パート職Q&A

どのように仕事をしていますか?
  • 優先順位を決めて、効率よく仕事に取り組んでいます。
  • 周りのスタッフと連携を取って、自分たちで考えて仕事をすすめています。
  • 任された仕事は最後まで責任を持って行うようにしています。
職場はどんな雰囲気ですか?
  • スタッフが親切で雰囲気がいい。
  • 仕事を丁寧に教えてもらえます。
  • 子供の体調不良など、急なお休みにも対応してもらえるので安心です。

ソリューション営業職

営業スタッフの1日の流れ

堀資材の営業マンはどんな仕事をしているの?
そんな疑問にお答えするために、堀資材の営業マンの代表的なある1日を紹介します。

【就業時間】9:00~18:00(昼休み1時間)

9:00
社用車で、自宅からお客様X社に直行。(*1)
X社は、大手住宅設備機器の会社。
今日は、開発部門の担当者と製造部門の担当者からいただいた2件の相談案件でアポイント。
「要望や問題の聞き洩らしがないように、ヒアリングが大事、製造部門は現場を見せてもらおう」
9:30
【1つ目の商談: X社開発部門の担当者】
新しい商品に使用する部品の相談依頼を受ける。
<商談内容>
“部品の材料、軽量化、複雑な形状への加工など”お客様の要望を持ち帰って解決案の検討が必要な案件。
図面を見ながら詳細をヒヤリングし、次回の商談日程を約束して終了。
「解決案は、4~5社のめぼしいサプライヤー様にヒアリングだな」
10:30
【2つ目の商談: X社製造部門の担当者】
現場で使用の組み立て器具の相談。
<商談内容>
現在の組み立て器具では使用勝手が悪く、製品ロスが増えていることが問題。
器具メーカーとの調整も含めて、まず現状の問題を整理して改善の方向性を示すこと必要な案件。
回答期限を約束して商談終了。
「製造ラインの作業を見たけど、改善策どうすればいいのか?」
11:30
商談中に入ったクライアントからの電話への折り返し連絡。
急な納期調整で担当者が困り「何とかできないか」と相談依頼。
すぐにCSスタッフへ連絡し、内容を伝えてミスのない納品対応をお願いする。
「サプライヤーさん対応が抜群のCSスタッフに感謝」
11:45
昼食。
午前中の商談内容を振り返る。
「新商品の部品は、サプライヤーY社さん。製造ラインの問題はやはり詳しい先輩に相談するのがベストだ」
13:00
【3つ目の商談: サプライヤーA社】
X社に納入している部材の品質向上の相談案件。
<案件内容>
先日、商品でサイズ不良があり、X社から苦情が出ている状況。
A社品質管理の担当者からサイズ不良の原因について説明を受け、改善策を検討し実施。
今日のゴールは、X社の要望をしっかり理解してもらい、前向きに改善策に合意してもらうこと。
「責任者の前向きなお言葉がいただけた。概ね上手くいったけど、残った課題は堀資材としてもよく検討しないと。戻って課長に相談だな」
14:15
移動中。
昼食中にメールで依頼した見積の不明点で、CSスタッフから電話連絡。
※コンビニで停車し電話
「さすが。サプライヤーのことを知っているCSスタッフ。伝え漏れた点、すぐに気づいてくれるのは助かるなぁ」
14:30
【4つ目の商談: 加工業者B社】
B社は、クライアントに納品する材料を希望のサイズや形状に加工してくれる会社。
あるクライアントの新商品試作の打合せのため、材料サンプルを持っての訪問。
<案件内容>
図面を見ながら加工の詳細を確認し、クライアントに見積もりを提出するためのコストの打合せ。
定期的な発注で、使用量もある案件なのでこのコスト調整が大事。
「このコストであればいい感触。B社部長『こちらも頑張ります』って言葉、本当にありがたい」
15:45
帰社。
メールの確認、案件表の確認。
CSスタッフから今日1日の報告を受け、情報を共有。
来週の訪問スケジュールを立て、電話でアポ取り。
<今日の宿題対応>
①X社の新商品の相談案件:要望に応えられそうなサプライヤー4社に内容と図面を送り、選定検討の準備をする
②X社の製造ラインの器具、作業改善策:先輩に別途相談時間をもらう
③サプライヤーA社のサイズ不良の改善策:課長に報告、アドバイスをもらう
「社内、サプライヤーともにスピーディな依頼対応が余裕を生むコツ」
16:30
【CSスタッフからの相談】
堀資材経由で納品予定の商品に不具合の可能性があるので見て欲しいとの依頼。
CSスタッフとその場で確認方法について打合せ、問題ないことを共有。
「クライアントに納品する商品だからこそ、疑問やちょっとしたことでもチェックは大事だ」
17:00
【営業会議】
チームごとに売上/利益の現状分析を行って、今後の営業戦略議論。
「自身の担当するマーケットをどうするか、日々の営業活動で得る情報が欠かせない」
19:00
【社内業務】
本日の受注明細から売上金額・商品を確認。
明日のアポイントの準備(資料と見積書)。
19:30
退社(*2)

(*1) 社用車は、希望者には自宅への持ち帰りを許可しています。
(*2) 営業マンは20時以降の残業が原則禁止なので、18~20時に退社することが多いです。

※月に1~2回、1~2泊の出張があります。

営業スタッフの入社後の流れ

入社~1ヶ月 社内でのOJT(CSスタッフの業務:受発注作業・見積作成 他)
1週間~10日ごとに進捗についてのミーティングを実施
1ヶ月~ 営業マンに同行
同行した営業マンのサポートをしながら、仕事を覚えていきます
6ヶ月~ 配属部署が決まる
担当顧客を持つ

カスタマーサービス職

カスタマーサービススタッフの1日の流れ

堀資材のCSスタッフの1日の流れをご紹介します。

【就業時間】9:00~18:00(昼休み12:00~13:00)

午前
  • 受発注業務
  • 顧客からの問合せ対応
  • 仕入先への問合せ、交渉

(電話・メール・FAX)

午後

▼午後の早い時間(13時~15時頃)は、電話の件数が減る時間帯

  • 見積書の作成
  • じっくり考える仕事(実績表の作成など)
  • 出荷準備

▼16時以降は電話の件数が多くなる

  • 納期調整
  • 顧客からの問合せ対応
  • 仕入先への問合せ交渉

(電話・メール・FAX)

▼夕方に営業スタッフが会社に戻って来た後、情報共有し(報告・連絡・相談)し、翌日の業務につなげていきます。

  • 営業スタッフと打合せ
  • 新たに発生した事案の報告
  • 引き続き案件の進捗
  • 困りごとの相談
  • チームミーティング

など。

※外出中の営業とは、携帯電話やメールで情報交換をします。

【CSグループの業務改善会議】
月1回

事務パート職

事務パートスタッフの1日の流れ

堀資材の事務パート職の代表的なある1日を紹介します。

【就業時間】事務パートスタッフは、各々勤務時間・仕事内容が異なるため、あくまで一例となります。

午前
  • 清掃(玄関・廊下・会議室など)
  • 電話の取次ぎ
  • 荷受け作業
  • 出荷準備(送り状の作成等)
  • 伝票チェック
  • 郵便仕分け
午後
  • 出荷作業(簡単な梱包作業等)
  • 事務用品の管理・発注
  • 消耗品の管理・発注
  • 在庫商品の管理・発注
  • 来客対応
  • 書類ファイリング
  • 請求書の発送

事務パート職Q&A

どのように仕事をしていますか?
  • 優先順位を決めて、効率よく仕事に取り組んでいます。
  • 周りのスタッフと連携を取って、自分たちで考えて仕事をすすめています。
  • 任された仕事は最後まで責任を持って行うようにしています。
職場はどんな雰囲気ですか?
  • スタッフが親切で雰囲気がいい。
  • 仕事を丁寧に教えてもらえます。
  • 子供の体調不良など、急なお休みにも対応してもらえるので安心です。